仕事そのものが報酬となる

ジョシュア・ハルバースタム氏
『WORK 仕事と幸福、そして、人生について』

仕事のもっとも豊かな報酬は、
目の前に、つまり仕事をするという行為そのものの中にある

仕事を創造的なものにしていくために必要な4つの資質
1. 情熱
2. 勇気
3. ユーモア
4. 偏見や先入観にとらわれない知的誠実さ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事に没頭する瞬間

ジョシュア・ハルバースタム氏
『WORK 仕事と幸福、そして、人生について』

行動への最大の報酬は、
その行動をさらに続けられるようになることだ

強い動機とは、仕事そのものである

仕事がはかどり、自分と仕事が完全に一体となる瞬間
時間のことも、お金のこともすっかり忘れ、
周りの評価などどうでもよくなる
自分が夢中になっていることさえ気づかない
その瞬間にに、あなたは自分自身を発見するのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生の真の喜び

ジョシュア・ハルバースタム氏
『WORK 仕事と幸福、そして、人生について』

人生の真の喜び。
それは、偉大であると自らが認めた目的のために
自らの力が使われること。
そして、世界が自分を幸せにしてくれないと
身勝手な文句を言うのでなく、
自分が自然の力となることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事が価値をもつとき

ジョシュア・ハルバースタム氏
『WORK 仕事と幸福、そして、人生について』

1. わたしたちの自然な好奇心を喜ばすとき

成功したキャリアを築くためには、
好奇心を満足させることが大切。
人は誰でも生まれながらに、
新しいものを試したいという気持ちを持っている。

2. わたしたちの才能を要求するとき

人のモチベーションがもっとも高まるのは、
失敗と成功の比率が50対50になるとき。
人は、結局は、自分に合った仕事にたどり着く。

3. わたしたちの自立を宣言するとき

自分の行動の主体は自分であると思っている人のほうが、
そう思っていない人よりもモチベーションが高い。
協力とは、自分の行動に責任を持つ
自立した人間同士がともに働くこと。

4. 「フロー体験」を提供するとき

わたしは、自分自身を完全に使いきってから
死にたいと思っている。
身を粉にして働くほど、充実した人生が送れるからだ。
わたしにとっては、人生それ自体が喜びなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腕を磨くためには

田坂広志氏『仕事の報酬とは何か』より

師匠を見つけ、

呼吸を学ぶ。
呼吸とは「リズム感」「バランス感覚」。
呼吸を学ぶには同じ部屋の空気を吸う。

着眼を学ぶ。
着眼とは「見識」「知恵」。
着眼を学ぶには経験の後に反省を行う。

心得を学ぶ。
心得とは「心構え」「心の姿勢」。
心得を学ぶには心の中で私淑する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腕を磨くとは

田坂広志氏『仕事の報酬とは何か』より

「職業人としての能力を磨く」
「プロフェッショナルとしての力をつける」

腕を磨くことは手段ではない。近道はない。
いかなるスキルも、センスも、テクニックも、ノウハウも、
仕事の現場での厳しい修練を通じて忍耐力を持って、
粘り強く学んでいかないかぎり、決して身につくことはない。

高度な知的活動は強靭な肉体に支えられている。
腕を磨くことに近道も広い門もないという
プロフェッショナルとしての覚悟。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の報酬とは何か

田坂広志氏『仕事の報酬とは何か』より

報酬には3つある。
・能力
・仕事
・成長

自ら求めて得るべき報酬(目に見えぬ報酬)
・・・「能力」「仕事」「成長」
結果として与えられる報酬(目に見える報酬)
・・・「収入」「地位」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅は与によって生じ求によって滅す

無能唱元『人蕩術奥儀』より

見返りを期待せず、損得を計算せず、
相手にどれだけのことができるのか・・・。
受けた恩や真心を、思いやりをどう返していけばいいのか・・・。

「人は期待された通りになる」
誰でもなりたい自分になれる。
年齢は関係ない。
気づいたときから始めても決して遅くない。

なりたい自分になるには、
それまでについた心の癖を変えなくてはいけない。
そのためには習慣を変えるしかない。
その習慣を変えるには、思いだけではだめで、
心構えを形に表すこと。いわゆる行動に移していくしかない。

行動を変えると、必ず得られる結果が変わります。
結果が出ることで自信が生まれ、
自分のやっていることに確信が持てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事力(3)

朝倉千恵子氏『すごい仕事力』

「上に立つ者は、言葉遣いに十分注意し、
優しい心で人と接する。注目されているから
厳しい言葉も受ける。
しかしどんなに辛い時も、頑張るのはいいが
意固地になってはいけない。
素直な気持ちでいれば、必ず人が助けてくれる」

最大の部下育成は仕事を与えること

「足下のゴミも拾えない人に何ができるのか」

人は仕事によって磨かれ、
仕事によって鍛えられます。
いいかげんな仕事をしていては、
信頼を勝ち取ることはできないし、
決して人に認めてもらえることはありません。
仕事の報酬は仕事です。
責任を果たし、懸命に仕事を頑張る人に、
仕事は集まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事力(2)

朝倉千恵子氏『すごい仕事力』

何よりも大事なことは、
結果に執着する責任感と執着心。
成果・結果をいかに出そうとしているか。

優秀な人材は報告の数が多い。
そして質を極めていく-。

言語コミュニケーションは
人間関係を深めるだけではなく、
上司と部下の信頼関係も深めます。

行動量と電話(メール)の量は比例する。

仕事を覚える一番早い方法は何か?
「徹底したYESマン」になること。

あなたが社長であったらあなたを雇うか?

「つもり」の仕事から「やりきる」仕事に
受け身、待つ身の仕事ではなく、
自らしかける仕事に

「女性らしさは大事ですが
仕事に女を出す必要はない。
ウーマンではなくヒューマン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)