子ほめ

人間がおめでたくできている熊公が御隠居のところに、
人にただ酒をのましてもらうにはどうすればいいかと聞いてくる。

そこで、人に喜んでごちそうしようという気にさせるには、
まずうそでもいいからお世辞の一つも言えなけりゃあいけない
と教えられ、
例えば、人は若く言われると気分がいいから、
四十五の人には厄(四十一~三)そこそこ、
五十なら四十五と、四、五歳若く言えばいい
とアドバイスされる。

たまたま仲間の八五郎に赤ん坊が生まれたので、
祝いに行けば酒をおごってもらえると算段している熊公、
赤ん坊のほめ方はどうすればいいか聞くと、
隠居がセリフを教えてくれる。

「これはあなた様のお子さまでございますか。
あなたのおじいさまに似てご長命の相でいらっしゃる。
栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳しく、
蛇は寸にしてその気をのむ。
私も早くこんなお子さまにあやかりたい」

喜んで町に出ると、
顔見知りの伊勢屋の番頭に会ったから、
早速試してやろうと、
年を聞くと四十歳。

四十五より下は聞いていないので、
無理やり四十五と言ってもらい、
「えー、あなたは大変お若く見える」
「いくつに見える?」
「どう見ても厄そこそこ」
「馬鹿野郎ッ」
としくじった。

さて、八つぁんの家。

男の子で、奥に寝ているというから上がると、
「妙な餓鬼ィ産みゃあがったな。
生まれたてで頭の真ん中が禿げてやがる」
「そりゃあおやじだ」

いよいよほめる段になって、
「あなたのおじいさまに似て長命丸の看板で、
栴檀の石は丸く、あたしも早くこんなお子さまにかやつりてえ」
「何でえ、それは」
「時に、この赤ん坊の歳はいくつだい?」
「今日はお七夜だ」
「初七日」
「初七日じゃねえ。生まれて七日だからまだ一つだ」
「一つにしちゃあ大変お若い」
「馬鹿野郎、一つより若けりゃいくつだ」
「どう見てもタダだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯久

日本橋本町四丁目に和泉屋与兵衛という呉服店があった。
主人は温厚な人柄で、町内の評判もよく、
店はたいそうな繁盛ぶり。

本町二丁目にも帯屋という、これも呉服屋があるが、
対照的にこちらは、主人・久七の性格が一癖あるのに加え、
店も陰気な雰囲気で、「売れず屋」という異名がついてしまうぐらい、
さっぱりはやらない。

とうとう三月の晦日の決済もできず、
久七が和泉屋に二十両の金を借りにきた。

人のいい与兵衛は、「商人は相身互い」
と、証文、利息もなしで快く用立てた上、
ごちそうまでして帰す。

二十日ほどして返しにきたが、
これに味をしめたか、
たて続けにだんだん高額の金を無心して来るようになった。

その都度二十日ほどできちんと返済に来たので、
十一月に百両という大金を借りに来た時も、
与兵衛はあっさりと貸してしまう。

今度は一月たっても梨のつぶて。

さすがに気になりだしたころ、
大晦日になってやっと返しに来た。

ところが、座敷に通して久七が金を出し、
入帳したところで、番町の旗本から与兵衛に緊急の呼び出し。

大晦日でてんてこ舞いの折から、
与兵衛があわただしく出かけると、
不用意にも金はそのまま、久七一人座敷に残された。

久七、悪心が兆し、
これ幸いと金を懐に入れ、何食わぬ顔でさようなら。

帰宅した与兵衛は金がないのに気づき、
さてはと思い至ったが、確かな証拠もないので、
自分の不注意なのだとあきらめてしまう。

帯屋の方では、百両浮いたのが運の付き始め。

新年早々景品をつけて大サービスしたので、
たちまち大繁盛。

一方、和泉屋はこれがケチの付き始めで、
三月に一人娘が、次いでお内儀さんが五月にぽっくり。

追い打ちをかけるようにその年の暮れ、
享保六年十二月十日の神田三河町の大火で、
蔵二戸前もろとも店は全焼。

あえなく倒産した。

与兵衛は、以前に分家してあった
武兵衛という忠義な番頭に引き取られるが、
どっと病の床につく。

武兵衛もまた、他人の請け判(連帯保証人)をしたことから店をつぶし、
今はうらぶれて、下谷長者町に裏長屋住まいの身だが、
懸命に旧主の介抱をするうち、十年の歳月が流れた。

ようやく全快した与兵衛、自分はもう何の望みもないが、
長年貧しい中、自分を養ってくれた武兵衛に、
もう一度店を再興させてやりたいと、
武兵衛が止めるのも聞かず、帯屋に金を借りに行く。

相手も昔の義理に感じて善意で報いてくれるだろう
という期待だが、当の帯屋は冷酷無残でけんもほろろ。

銭もらいとののしり、びた一文も貸す金はないと言い放つ。

思わず、かっとして百両の件を持ちだし、
人間ではないとののしると、因縁をつけるのかと、
久七は煙管で与兵衛の額を打ち、表にたたき出す。

与兵衛は悔しさのあまり、
帯屋の裏庭の松の木で首をくくってやろうとふと見ると、
不用心にもかんなくずが散らばっているので、
いっそ放火して思いを晴らそうと火を付けたが、
未遂のうちに取り押さえられる。

事情を聞いた町役人は同情し、もみ消してくれるが、
久七は近所の噂から、百両の一件が暴かれるのを恐れ、
先手を打って奉行所に訴え出る。

これで与兵衛は火付けの大罪でお召し捕り。
名奉行・大岡越前守さまのお裁きとなる。

下調べの結果、帯屋の業悪ぶりがわかり、
百両も久七が懐に入れたと目星をつけたので、
越前守はお白州で、
「その方、大晦日で間違いが起こらぬものでもないと、
親切づくで春永にでも改めて持参いたそうと持ち帰ったのを
忘れておったのではないか」とカマをかけるが、
久七は絶対に返しましたと白を切る。

そこで、久七に右手を出させ、
人指し指と中指を紙で巻いて張り付け、判を押す。

「これは物を思い出す呪いである。
破却する時はその方は死罪、家は闕所(取りつぶし)、そのむね心得よ」
久七は、紙が破れれば首が飛ぶというので、飯も食えない。

三日もすると音を上げて青ざめ、
出頭して、まだ返していないと白状する。

奉行はその場で元金百両出させた上、
十年分の利息百五十両を払うように久七に命じた。

持ち合わせがないとべそをかくと、
百両を奉行所で立て替えた上、
残金五十両を年賦一両ずつ払うよう申し渡す。

「……さて、和泉屋与兵衛。火付けの罪は逃れられぬ。
火あぶりに行うによって、さよう心得よ」

これを聞いて久七が喜んだのなんの。
「さすがは名奉行の大岡さま。
どうかこんがりと焼いていただきましょう」
「なれど、五十両の年賦金、受け取りし後に刑を行う」

これだと、和泉屋がフライになるまで五十年も待たねばならない。
あわてたのは久七。

「恐れながら申し上げます。
ただちに五十両払いますので、
どうかすぐに和泉屋をお仕置きに」

「だまれッ。かく証文をしたためたるのち、
天下の裁判に再審を願うとは不届き千万。その罪軽からず」

「うへえッ、恐れいりました」

奉行、与兵衛に
「その方まことに不憫なやつ。何歳にあいなる」
「六十一でございます」
「還暦か。いやさ、本卦(=本家)じゃのう」
「今は分家の居候でございます」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木乃伊取り

道楽者の若旦那が、今日でもう四日も帰らない。

心配した大旦那が、
番頭の佐兵衛を吉原にやって探らせたが、
出ていったきりで戻ってこない。
五日たっても音沙汰なし。

大旦那が
「あの番頭、せがれと一緒に遊んでるんだ。
誰が何と言っても勘当する」と怒ると、

お内儀が
「一人のせがれを勘当してどうするんです。
鳶頭ならああいう場所もわかっているから、頼みましょう」

鳶頭が「何なら腕の一本もへし折って」
と威勢よく出かけるが、
途中の日本堤で幇間の一八につかまり、
これも五日も帰らない。

「どいつもこいつも、
みいら取りがみいらになっちまやがって。
今度はどうしても勘当だ」
と大旦那はカンカン。

「だいたい、おまえがあんな馬鹿をこさえたからいけないんです」
と、夫婦でもめていると、そこに現れたのが飯炊きの清蔵。

「おらがお迎えに行ってみるべえ」と言いだす。

「おまえは飯が焦げないようにしてりゃいい」
「仮に泥棒が入って旦那がおっ殺されるちゅうとき、
台所でつくばってるわけにはいかなかんべえ」
「首に縄つけてもしょっぴいてくるだ」
と、手織り木綿のゴツゴツした着物に色の褪めた帯、
熊の革の煙草入れといういでたちで勇んで出発。

吉原へやって来ると、若い衆の喜助を
「若旦那に取りつがねえと、
この野郎、ぶっ張りけえすぞ」
と脅しつけ、二階の座敷に乗り込む。

「番頭さん、あんだ。このざまは。
われァ、白ねずみじゃなくてどぶねずみだ。
鳶頭もそうだ。この芋頭」と毒づき、

「こりゃあ、お袋さまのお巾着だ。
勘定が足りないことがあったら渡してくんろ、
せがれに帰るように言ってくんろと、
寝る目も寝ねえで泣いていなさるだよ」
と泣くものだから、若旦那も持て余す。
とうとう若旦那は降参。

一杯のんで機嫌良く引き揚げようと、
清蔵に酒をのませる。
もう一杯、もう一杯と勧められるうちに、
酒は浴びる方の清蔵、すっかりご機嫌。

花魁が
「こんな堅いお客さまに出られて、
あたしうれしいの。
ね、あたしの手を握ってくださいよ」
としなだれかかってくすぐるので、
清蔵はもうデレデレ。

「おい番頭、かしくと清蔵が並んだところは、似合いだな」
「まったくでげすよ。鳶頭、どうです?」
「まったくだ。握ってやれ握ってやれ」

三人でけしかけるから、
「へえ、若旦那がいいちいなら、
オラ、握ってやるべ。
ははあ、こんだなアマっ子と野良ァこいてるだな、
帰れっちゅうおらの方が無理かもすんねえ」

「おいおい、清蔵、そろそろ支度して帰ろう」
「あんだ?帰るって?帰るならあんた、先ィお帰んなせえ。
おらもう二、三日ここにいるだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰍沢

身延山参りから江戸に帰る新助。
帰り道に山中で大雪となり、
日も暮れてきたので、一夜を貸してくれる家はないものかと、
遠くに人家の灯、生き返った心地で宿を乞う。

年は二十八、九の美しい女が出てきた。
こんな所だから食べる物もないが寝るだけなら、
と家に入れてくれ、ホッと一息をつく。

女は着ているものこそ田舎風だが、なかなかの器量。
ふとした会話から女が江戸者だとわかる。
のどから襟元にかけ傷跡があるものの、
こんな山の中にいるような女ではない。
聞いているみると、
浅草の観音様の裏あたりに住んでいたという。

「あの、違ったらお詫びしますが、
あなた、吉原は熊蔵丸屋の
月の兎花魁じゃあ、ありませんか?」

「えっ?はい、月の兎です」

心中に失敗して二人で江戸を追われ、
甲州の山の中で暮らしているのだと言う。
喉の傷もその時のものだという。

今の亭主は熊撃ちをして、その肝を生薬屋に売って
細々と生計を立てている身。

後生だから江戸へ帰っても
会ったことは内密にしてください
としんみりと言うので、新助は情にほだされ、
ほんの少しですがと三両を差し出す。

今はお熊と名を変えた女も喜んで受け取り、
卵酒をつくりふるまった。
お熊はそれを見届け、酒を買いに出かけていく。

入れ違いに戻ってきたのが、亭主の伝三郎。

戸口が開けっ放しで、
女房がいないのに腹を立て、
ぶつくさ言いながら囲炉裏を見ると、
誰かが飲んだらしい卵酒の残り。

体が冷えているので一気にのみ干すと、
そこへお熊が帰ってくる。

亭主の酒を買いに行ったのだったが、
伝三郎が卵酒をのんだことを知ると真っ青。

「ええっ、この酒を飲んだのかい?」
と言う暇もなく伝三郎の舌はもつれ、
血を吐いてその場で人事不省になる。

客が胴巻きに大金を忍ばせていると見て取り、
それを盗もうとしびれ薬を入れておいたのだが、
なんと亭主を殺す羽目に。

別間の新助は、目が覚めると、
にわかに体がしびれ、七転八倒の苦しみ。

それでもなんとか陰からようすを聞き、
事情を悟ると、このままでは殺されると、
動かぬ体をひきずるように裏口から外へ。

幸い、毒酒をのんだ量が少なかったか、
こけつまろびつ、お題目を唱えながら土手をよじ登り、
下を見ると東海道は岩淵に落ちる鰍沢の流れ。

急流は渦巻いてドウドウというすさまじい水勢。

後ろを振り向くと、チラチラと火縄の火。

亭主の仇とばかり、お熊が鉄砲を手に追いかけてくる。

雪明りで、下に山いかだがあるのを見ると、
新助はその上にずるずると滑り落ちる。

いかだは流され、岩にぶつかった拍子にバラバラ。
たった一本の丸太にすがり、
「南無妙法蓮華経、南無妙法・・・」
と震えながらお題目を唱えていると、
上からお熊が狙いを定めてズドン。

弾丸はマゲをかすって向こうの岩に命中した。

「ああ、大難を逃れたも、お祖師さまのご利益。
一本のお材木=題目)助かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目黒のさんま

雲州松江十八万石の第八代城主・松平出羽守斉恒は、
ある日、早朝から、目黒不動尊参詣を名目に、
供の者を引き連れて狩りにお出かけ。

松の切り株に腰を下ろして一息つき、
遅れて着いた者に小言を言ううち、
お腹がすいてきた。
「何もないのか、それでは買うてまいれ」
とい言われても、店もない。

そこへ近くの農家で焼いているサンマの匂いが
プーンと漂ってきた。
「これこれ、このよい匂はなんじゃ」

「殿、おそれながら、あれは下々の者が食す
さんまという下賤な魚でございます。
お上が召し上がるようなものではございません」

「よい、下々の食するものがわからねば、
上に立つ者とは言えぬ。苦しゅうない、
さんまをこれへ。これへさんまを持てー」

松江公、空腹だからうまいのうまくないの。
これ以来病み付きになり、
屋敷内に四六時中もうもうと煙が立ち込めるありさま。
しまいには江戸中のさんまを買い上げた。

それでは飽き足らず、朋輩の諸大名に、
事あるごとにさんまの講釈を並べ立てる。

面白くない黒田候は負けじと各地の網元に
手をまわしてさんまを買いあさった。
重臣どもが塩気と脂を残らず抜いて調理させたから、
まずいことこのうえない。

怒った黒田候、江戸城で雲州公をつかまえ、
あんなまずいものはないと文句を言う。

「して貴殿、いずれからお取り寄せになりました」
「家来に申しつけ、房州の網元から」
「ああ、房州だからまずい。さんまは目黒に限る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明け烏

日本橋田所町・日向屋半兵衛の若旦那時次郎は、
無類の堅物で通っていた。
酒も女も大の苦手で遊びをまったくやらず、
部屋にこもって勉強ばかりしているような男。

堅いのも限度がある、いい若い者がこれでは、
跡継ぎとしてこれからの世間付き合いにも差し支える
と、かねてからの計画で、
町内の札付きの遊び人・源兵衛と太助を「引率者」に頼み、
一晩吉原で遊びのレッスンを受けさせることにした。

本人にはお稲荷さまのおこもりとゴマまし、
お賽銭が少ないとご利益(りやく)がないから、
向こうへ着いたらお巫女(みこ)さん方へのご祝儀は、
便所に行くふりをしておまえが全部払ってしまいなさい、
源兵衛も太助も札付きのワルだから、
割り前なんぞ取ったら後がこわい
と、こまごま注意して送り出す。

太助のほうはもともと、
お守りをさせられるのがおもしろくない。

その上、若だんながおやじに言われたことを
そっくり、「後がこわい」まで
当人の目の前でしゃべってしまったからヘソを曲げるが、
なんとか源兵衛がなだめすかし、
三人は稲荷ならぬ吉原へ。

いかに若だんながうぶでも、
文金、赭熊(しゃごま)、立兵庫(たてひょうご)などという髪型に結った女が、
バタリバタリと上草履の音をさせて廊下を通れば、
いくら何でも女郎屋ということはわかる。

泣いてだだをこねるのを
二人が「このまま帰れば、大門で怪しまれて会所で留められ、
二年でも三年でも帰してもらえない」と脅かし、
やっと部屋に納まらせる。

若だんなの「担当」は
十八になる浦里という絶世の美女。

そんな初々しい若だんななら、ワチキの方から出てみたい
という、花魁(おいらん)からのお見立てで、
その晩は腕によりをかけてサービスしたので、
堅い若だんなも一か所を除いてトロトロ。

一方、源兵衛と太助はきれいさっぱり
敵娼(あいかた)に振られ、
ぶつくさ言いながら朝、甘納豆をヤケ食い。

若だんなの部屋に行き、
そろそろ起きて帰ろうと言ってもなかなか寝床から出ない。

「花魁は、口では起きろ起きろと言いますが、
あたしの手をぐっと押さえて……」
とノロケまで聞かされて太助、
頭に血が昇り、甘納豆をつまんだまま梯子段からガラガラガラ……。

「じゃ、坊ちゃん、おまえさんは暇なからだ、
ゆっくり遊んでらっしゃい。
あたしたちは先に帰りますから」

「あなた方、先へ帰れるなら帰ってごらんなさい。
大門で留められる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたま山

とんでもなくケチな男が
落ちていたサクランボを種を
吐き出すのも惜しくなり、
一粒残さずむさぼり食べてしまった。

翌朝。
どういうわけか頭がひどく痛んできて、
はて、おかしいと思っているうちに、
サクランボの種が男の頭を突き抜けて
立派な桜の木になった。

やがて春。桜は見事な花を咲かせ、
男は「あたま山」として、
すっかり町中の評判になる。

野次馬が大勢押しかけて、
ケチ兵衛の頭の上で花見をやらかす。

茶店を出す奴があると思うと、
酔っぱらってすべり落ち、
耳のところにハシゴを掛けて登ってくる奴もいる。

しまいには、
頭の隅に穴を開けて、
火を燃やして酒の燗をするのも出てくる始末。

さすがにケチ兵衛、閉口して、
「いっそ花を散らしてしまえ」というので、
ひとふり頭を振ったからたまらない。

頭の上の連中、
一人残らず転がり落ちた。

これから毎年毎年、
頭の上で花が咲くたびに
こんな騒ぎを起こされた日にはかなわない
と、ケチ兵衛、
町中の人を頼んで、
桜の木をエンヤラヤのドッコイと引っこ抜いた。

ところが、
あまり根が深く張っていたため、
後にぽっかりと大きな穴が開き、
表で夕立ちに逢うと、
その穴に満々と水がたまる。

よせばいいのに、
この水で行水すれば湯銭が浮くとばかりに、
そのままためておいたのがたたって、
だんだんこれが腐ってきて、
ボウフラがわく、鮒がわく、鯰がわく、鰻がわく、鯉がわく……
とうとう、今度は頭の池に養魚場ができあがった。

こうなると釣り師がどっと押しよせ、
ケチ兵衛の鼻の穴に針を引っかけるかと思えば、
釣り舟まで出て、
芸者を連れてのめや歌えの大騒ぎ。

ケチ兵衛、つくづくイヤになり、
こんな苦労をするよりは、
いっそ一思いに死んでしまおうと、
南無阿弥陀仏と唱えて、
自分の頭の池にドボーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくび指南

町人の間に稽古事が流行っていた。
長唄、小唄、常磐津、舞踊。
義太夫、茶道、華道、香道。
ケンカ指南、釣り指南。
おおよそ趣味といわれるものは、
指南所があった。

長屋に住んでいる暇人が、近所の家へひょっこり顔を出す。
「ちょっと、つきあってくれめえか」
何かと思うと稽古事。
近所に「あくび指南所」ができたから、一つ習ってみたい。
しかし、一人では心細いので、一緒に行ってくれという。

そんなものに金を払ってどうする。
あくびなんて放っておけば自然に出るもの。
ばかばかしいと、話を聞いたほうはあきれかえる。

指南するくらいだから、きっと普通とは違う。
ぜひ一度習いたい、そばにいれくれるだけでいい。
熱意に負けてしぶしぶ同行する。

指南所に行くと、先生という人物が出てきて、
じつに愛想よく応対した。
「お一人は見学。けっこうですよ。長くはかからりませんから」

さて、いよいよあくびの稽古。
先生は、春夏秋冬、指揮のあくびがあるので、
まず希望を聞きたいと尋ねる。
選べと言われても見当がつかない。
「それでは、いちばん楽な夏のあくびにしましょうか」

夏の昼下がりに舟遊びをしているという設定。
ゆったりと舟に揺られ、キセルをくゆらせながら
船頭に声をかけるところで、思わずあくびが出る。

体の揺すり方、声のかけ方、かんじんのあくびの出し方。
なかなかうまくいかない。
本人ののみこみが悪く、何度やってもサマにならない。
先生も根気よく繰り返し教えるが、それでもダメ。

そのうちに、そばで見ていた友人がいいかげん疲れてきた。
「待っている身にもなれ。退屈で退屈で、ふあああ、ならねえ」
思わず大あくび。それを見て先生、
うまい。あなたは器用

落語のススメ 繁昌亭オープン 桂三枝・国分太一対談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らくだ

長屋の嫌われ者「らくだ」がフグの毒に当たり死んでしまう。
そこへ兄貴分のヤクザものが訪ねて来て死骸を発見。
さらにそこへ通りがかったのが気の弱いくず屋。

兄貴分に脅され、長屋から香典を貰ったり、
大家に酒肴を強要したり、八百屋から沢庵樽を奪ったり、
行ったり来たりと商売休みで大忙し。
脅しの手口というのがらくだの死体を担いで
「カンカンノー」を踊らせるという物凄いやり方。

ようやく一段落してくず屋は大家が持って来た酒を
兄貴分から勧められる。初めは嫌がるが、
呑む内に酔いがまわって本性が現れる。
実はこのくず屋が大変な酒乱であった。

恐い兄貴分も竦むくらいの酒乱で、
ここで二人の立場が逆転してしまう。
それかららくだを坊主にして樽へ納め、
担いで友達がやっている焼き場へ
持っていこうとするが、途中で転んで
死体を放り出してしまう。

そんな事とは知らずに焼き場へ行き、
ようやくらくだを落とした事に気付いて
探しに行くが見つからない。
酔っ払って寝ていた乞食坊主を見つけ、
そのまま火の中へ放り込むと、
驚いたのがその乞食坊主。

ここは何処だ
火屋(ヒヤ)だ
冷酒(ヒヤ)やでもいいからもう一杯

笑福亭鶴瓶の落語魂。
その世界のすべてを愛するということ。
談志と志ん朝はすごい

「らくだ」をやっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)