« 体験の中で学ぶ | トップページ | 祈りと感謝を実践する »

人間学の基本条件

北尾吉孝氏 『安岡正篤ノート』より

第一の条件は、
もっと『人間の本質的完成のため』でなければならない。
窮して苦しまないということ、
憂えて心衰えないということ、
何が禍いであり、何が福であり、
どうすればどうなるかという因果の法則-禍福終始を知って、
人生の複雑な問題に直面しても、敢えて惑わないということ。

第二の条件は、
こういう精神・学問を修めることによって
『自ら靖んじ、自ら献ずる』ということである。
我々は何のためには学ぶのか、
何のために教学を重んずるかといえば、
自己の自主性・自立性を練磨すること、自由を確立すること。
進んではそれによって発達する自己を通じて、
何らか世のため人のために尽くさんがためである。

|

« 体験の中で学ぶ | トップページ | 祈りと感謝を実践する »

【人生】人間とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間学の基本条件:

« 体験の中で学ぶ | トップページ | 祈りと感謝を実践する »